色々種類がありますが

風俗には様々な形態があります。キャバクラはちょっと言葉のイメージとは違いますが、ピンクサロンやヘルス、デリヘル、ソープランドなど。
最近ではこれは風俗とは言えませんけど、かなり怪しい○○リフレとか○○マッサージなど、法律の穴を抜けるような形で色々なサービスが出続けています。
さて、そのようにいろいろなサービスが出るのは、基本的には新しい性欲を満たそうというよりも、いかに法律などの制限を縫ってサービスが提供できるか?はたまた利用しやすいような金額で風俗を開くかなど、経営者のある意味での知恵の絞りどころでもあります(もちろん、違法行為を推奨するわけでもありませんし、決して利用してもいけません)。そこで働く女性も様々な事情があって、ということになりますが、そこまでして風俗の店をオープンするのには、一つに稼げるから、という理由があります。
稼げるからこそ少し危ない橋を渡ってでも風俗店をオープンしようとするわけですが、実際どれくらい稼げているものなのでしょうか?
今回は風俗の中でも今最も出店率がたかいデリヘルに関して、お店の売り上げに関してはわからない部分が多いので、デリヘルで働いている女性がどれくらい稼いでいるのか?またそれにあたっての苦労などを、デリヘル嬢の給料のなかから紐解いていきます。
さて、よくある話ですが、風俗に行ったときに嫌がられる会話の一つとして挙げられる、「なんでこの仕事してるの?」って話題。ほかにももちろんあるんですけど、風俗嬢からしたら面倒な話ですけど、まあ初対面ですから特に話すこともないですし、風俗嬢も慣れたものです。それで他にも聞くことといえば、彼氏いるの?とか、結構稼いでるの?みたいな話が多いようですが、どれも客に悪意が無いというか、深い意味はないのでそれも面倒な話ですよね。そんななかあまり聞かれないとはいえ給料がどれくらいもらえているのか?どれくらい稼げているのかは純粋に興味本位で聞く方も多いようです。もちろん風俗業界にも高級・大衆・格安というようなすみわけがあるのでそれぞれのパターンによって収入の違いはありますから一概には言えません。ということでそのパターンに分けつつ一般的な風俗嬢、とりわけデリヘルなどの風俗に関して紹介していきます。ちなみに情報に関しては正確性をきすため別サイトの情報を引用します。
さて、世間一般では稼いでいると思われている風俗嬢は、どれくらい本当に稼いでいるのでしょうか?そのサンプルをデリヘル嬢を参考にして紹介していきます。ちなみに新卒の女性が働いた場合、大卒の場合20日前後の勤務で20万円前後といわれていますが、風俗嬢はどれくらいなのでしょうか。